【 山城高校 日独学生の国際交流 】
        




山城高と草の根交流3年目



                            母校中庭にて

母校とドイツの学校との交流記事(2007年10月3日付、京都新聞朝刊)


                            (抜粋記事)

‥‥‥同高卒業生とドイツ人教諭が旅先で出会って発展した草の根交流で、今年はドイツ人研修生が同高を訪れて体育祭に参加したり、生徒宅でホームステイをするなど親交を深めている。

訪れているのは、ドイツのギムナジウム・イン・デン・フィルダ・ベンデン校で日本語を学ぶ14歳から19歳の高校生ら22人。

ベルリン日独交流センター(ドイツ)の「日独高校生交流たけのこプログラム」で旅費の援助を受け、9月末に来日した。同高で英語の授業に参加したり、ゆかたで茶道に臨むなど日本文化を学んでいる。

同高が研修生を受け入れるのは2005年に引き続き2回目で、今年は初めて2泊3日のホームステイを組み込んだ。昨年は同高から生徒をドイツに派遣したほか、留学生を半年間受け入れた。‥‥‥     

  


ギムナジウム・イン・デン・フィルダ・ベンデン校のHomePage
(Topページの日本の国旗をクリックすると日本語で表示されます。)

交流を振返って寄稿文



交流の思い出アルバム
         画像をクリックするとアルバムが開きます。

 

@ 体験学習(1)  A 体験学習(2) B 社会見学