【 会員の随筆 】
          
 今回は山城高校第5回卒業 狐野(この)美代子(旧姓小西)さんに登場願いました。
狐野さんは現在、北海道の伊達市にお住まいで、お寺の僧侶をされています。

    

〔掲載順〕 〔掲載日〕 〔卒業年〕 〔卒業回数〕   〔 氏 名 〕       〔タ イ ト ル 〕
第 1 回 2009.1.1 S28年 山城高5回  狐野美 山城高校校歌 歌い初めの日

 
    山城高校校歌 歌い初めの日  
    昭和25(1950)年、憧れの山城高校に入学し、1年先輩の S さん(後に阪急バスのガイド)の誘いで、合唱団(YGC)に入部した。正式には合唱団であったと思う。その年の夏、野球部は地区予選を見事に勝ち進み甲子園への出場を果たした。当時地区予選は衣笠球場で行われることが多かったが、優勝戦は西京極であったと思う。合唱団は毎回試合のたびに応援に行き、勝つたびに校歌(?)を歌ったものだった。?を付けているのは実は、その時、まだ校歌がなく、京三中の校歌の“おお、三中”の箇所を“おお、山高”と変えて歌ったのであった。こんな末尾のみの‘替え歌’を提唱し、みんなを指導したのは2年生の H 先輩であったと思う。お蔭で私は京三中の歌が今も歌える。
 秋になり、何月何日か定かではないが、あの木造の旧校舎の音楽室で練習していると、部員の誰かが、顧問の Y 先生が、速達を手にし、急いで教室に駆け込み、「校歌が出来たぞ!!」という意味の言葉を叫んだ。誰かが歌詞を黒板に書きはじめた。 Y 先生がピアノを弾き、コンダクタ−の A 氏が棒を振り、部長の N 氏、先ほどの H 氏、2年生の K 氏(この方は後に大谷楽苑−−東本願寺の合唱団−−で歌っておられた)、美人で同年の I さん U さん(二人とも故人)、帰り道一緒だった O さんなど、みんなでピアノを取り囲んで何度も歌った。この日こそ実に記念すべき山城高校校歌歌い初めの日であった。
       京三中 校歌

           大塚 五郎 作詞
           信時  潔   作曲

   1.朝に仰ぐ秀嶺愛宕
     夕に掬ぶ清流桂
     山河自然の霊気を享けて
     集ふ双陵健児一千
     おお三中その名ぞ
     我らが誇り

   2.誠実天の聖火とかかげ 
     剛健地の威徳とたたへ
     崇文尚武ただ一途に
     競ふ姿の雄々しさ見よや
     おお三中その名ぞ 我らまもり

   3.進取不断の光と恃み 
     協同不壊の翼と張りて
     若き生命の日に新しく
     理想の空ゆく羽音を聴けや
     おお三中その名ぞ 我らが力

   4.歴史はにほふ古き都に
     繚乱誇る桜の徽章
     護りてとはに祖国の幸を
     拓かん我らが大なる使命
     おお三中その名ぞ 我らがいのち
         
 
 
この日と前後して、我ら合唱団は毎日新聞日本学生音楽コンク−ル関西の部で第2位となった。大阪の毎日新聞ホ−ルに歌いに行った。関学、山城、京女の順で賞に入った。公立では1位である。課題曲についで、自由曲はドボルザ−ク作曲『新世界より』第2楽章からの“Going Home”(邦題だったかも)であった。コンク−ル直前の日まで、毎日放課後、練習のたびごとに曲想をつかむためにと、そのレコ−ドを聴き、後は合唱の特訓を受けたものだった。
 私は家庭の事情で、残念ながらこのあと、合唱団を退部しなければならなかった。わずか半年だけの部員であった。

 
     山城高 校歌

        竹友 藻風 作詞
        中瀬古 和 作曲

  1.双ケ丘に鐘なりて
    流れさやけき桂川
    御室のさくら咲き匂ふ
     学びの家のたふとさよ
    正義 真実 責任の
    命みなぎるわれら山城


  2.愛宕の峰に雲晴れて
    日かげさしそふ西の京
    嵯峨野をわたる風清き
    学びの園のめでたさよ
    平和 協力 友愛の
    光あまねきわれら山城 
       
   
       

 翌々年の夏、昭和27(1952)年、野球部は地区予選で再度優勝を果たして甲子園に出場した。地区予選では本当の校歌が歌われたに違いない。
 我が山城高等学校々歌は周知のように、竹友藻風先生作詞、中瀬古和先生作曲である。このことについては『京三中・山城高、同窓会創立百年記念誌』に山城6回・野村透氏が詳しく書いておられる。それまで、私は中瀬古先生が女性であることを実は知らなかったのである。YGCの楽譜はさみを今も持っている。金色の校章のついた群青色の青い表紙である。みんな輝いていた、あのボロの音楽室が忘れられない。  
 
     
 有珠山噴火を2度味わった。今夏、洞爺湖サッミットで賑わった洞爺湖町は私の住む伊達市のとなり町である。私は現在、伊達市の真宗寺院に身を置き、僧侶となっている。     
  平成20年12月吉日    
    山城高5回卒
         狐野(この)美代子(旧姓 小西)